アーユルヴェーダで心身を癒す

心身のバランスをとって美しく健康に。

宇宙のリズムにあわせて生きること、
それは私たちを健康に保ち喜びに溢れた人生を生きる知恵です。

インドでヨガとアーユルベーダを統合して学ぶ新コース

ヨガセラピーやアーユルベーダの食事法を基礎から学ぶ 実用的な心身の健康術。

インドで学ぶ本格的アーユルヴェーダコース。

現地クリニックにてベテラン医師から治療について学び、セラピストから施術を伝授、セラピストコース。

そうだ、私を癒そう〜!

おうちでお手当。
家庭にあるものを利用して早めにお手当しましょう。

アーユルヴェーダの浄化法を受けて心身をリセット!

症状により2〜6週間の治療となります。未病のうちに身体をリセットしましょう。
内容は個々の症状により異なります。まずはお問い合わせください。

ページの先頭へ

アーユルヴェーダって?

images.jpegアーユルヴェーダはその最古の書物が紀元前2000年以上と言われる、世界でも最も歴史ある医学体系です。実際にはそれ以前に口伝の時代がずっと続いていたと言われています。
”アーユ”は”人生、健康”を、”ヴェーダ”は”知恵”の意味、つまり”健康な生き方の知恵”ということになります。

アーユルヴェーダでは体、マインド、魂からなる人間全体を癒します。
健康な人生を歩むための予防医学、病を癒すための治療法が記されています。



基本概念

micromacro.jpgアーユルヴェーダではこの世に生きる存在はみな体、マインド、魂を持ち、人間は大宇宙の縮図である、とする。
そして宇宙も私たちも5つの自然要素(:固体、体を作る :液体、融合 :光、熱 空気:気体、動き スペース:場)から構成される。

人間と宇宙(自然)は常に互いに影響しあい、互いに5つの要素を交換し恒常性を保っている。この動きは(同増ー異減)の法則に則っている。この相互関係の上で調和がとれている状態を健康と言う。不調和は病の元となる。

たとえば
地の要素:摂った食物で筋肉を作る
水の要素:水を飲む 冷える 
火の要素:ひなたぼっこをする 温まる
空気の要素:歩く、走る etc.
スペースの要素:身体の占める体積、消化管など・・


ページの先頭へ

ページの先頭へ